イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加

EABuS・JIPDECフォーラム2016 開催のご案内

~「IoT時代の企業活動に求められる“インターネットトラスト”とは」~

マイナンバー法が施行され、個人や法人を確実に証明するための社会基盤が整備されつつあります。マイナンバーは、国民が様々な社会活動を行う上で、安心・安全な社会活動を支えるための社会基盤であり、公正・公平かつ効率的な社会の実現に向け、その利活用が期待されており、とりわけ法人番号は、ネットワークを介した取引が拡大する現在社会で安心・安全な経済活動を支えるトラストアンカーとして極めて重要な役割が期待されております。 IoT時代において、安心・安全な取引を実現するためには、その法人が実際に活動を行っていることに加え、実活動状況や企業環境などの信頼性情報を把握するとともに、把握した情報を活用した確実な認証情報の提供を行なっていく必要があります。今後、ネットワークを介した、いわば顔の見えない取引形態が進展していく中で、相手を確実に知るための手段の整備が求められております。 本フォーラムでは、取引相手を確実に認証するための認証社会のあり方と、法人の信頼性情報を確実に捕捉するための企業リポジトリ情報のあり方などを中心に、安心・安全な経済社会に向けた対応を皆様と共に考えて参りたいと存じます。

名 称 : EABuS&JIPDECフォーラム2016~「IoT時代の企業活動に求められる“インターネット
日 時 : 平成28年11月24日(木)13:30~16:45(受付開始13:00~)
場 所 : 日本教育会館8階第二会議室(東京都千代田区一ツ橋2‐6‐2)
対 象 : マイナンバーに関わる行政職員、企業の総務・人事労務・営業等に関わる方、士業関係者
定 員 : 150名
主 催 : 特定非営利活動法人 東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS) 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC
参加費 : フォーラム参加費:2,000円、懇親会参加費:3,000円(事前登録制)
申込先(ウェブ):   http://www.eabus.org/  https://itc.jipdec.or.jp/event/20161124.html
  プログラム(予定) : 
時間 内容
13:30~13:35 開会挨拶
13:35~14:10 基調講演① 「認証社会と法人番号」

NPO法人 EABuS副理事長 中井川禎彦

14:10~14:45 基調講演② 「第4次産業革命とインターネットトラスト」

一般財団法人 日本情報経済社会推進協会常務理事 山内徹

14:45~14:55 休憩(10分)
14:55~16:40 パネルディスカッション
「IoT時代の企業活動に求められる“インターネットトラスト”とは」
<ファシリテータ(課題提起)>
東京大学公共政策大学院客員教授 奥村裕一氏
<パネリスト>
経済産業省CIO補佐官 満塩尚史氏
全国社会保険労務士会連合会 参与 大野実氏
株式会社富士通総研経済研究所主席研究員 榎並利博氏
NPO法人 EABuS副理事長 中井川禎彦
一般財団法人 日本情報経済社会推進協会常務理事 山内徹

一般社団法人  日税連税法データベース 常務理事 細田俊男

<コーディネータ>
NPO法人 EABuS事務局長 安達和夫
16:40~16:45 閉会挨拶
・ 一般財団法人日本情報経済社会推進協会 伊藤滋行
プログラムの内容・講演者などは、都合により予告なく変更する場合がございます。 終了後、懇親会を開催いたします(会費制)。 フォーラム参加申込時に併せてお申し込みください。