事業内容

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

事業・サービス紹介

NPO法人 EABuS(イーバス)は、「デジタルネットワークの利活用による、国際的に魅力あるビジネス環境の実現」を活動理念とし、次世代電子商取引推進協議会(ECOM)の有志メンバーならびに社会保険労務士、税理士、行政書士といった各種士業、内外の研究者・有識者によって平成17年4月に設立した内閣府認定のNPO法人です。 これまで中央省庁・行政機関はもとより、関連企業や研究機関など様々な顧客に対して政策提言ならびに調査研究の支援を行って参りました。 EABuSは、これまで電子政府の基盤構築に向けた調査研究を中心に、以下の主な事業に取り組んで参りました。
調査研究事業

2006年7月

従業員関連手続の実態に関する調査
2007年3月
行政関連手続の最適化に向けた考察
2008年2月
電子政府評価に関する現状分析及び対応策の検討支援に関わる調査分析
2008年3月
電子署名の普及に関する調査
2008年3月
地域企業における電子行政サービス利用等に関する実態調査
2008年7月
日本のIT戦略 ~先進諸国との比較調査~
2009年7月
社会基盤としての国民IDに関する意識調査
2009年12月
韓国における新世代ネットワークの展望に関する調査
2010年3月
国民番号制度の望ましい導入のあり方に関する調査研究
2010年4月
IDビジネスの現状と課題に関する調査研究
2010年8月
社会保障・税分野における共通番号の活用業務に関する調査
2011年2月
企業番号の統一化に向けたユースケースの検討
2011年3月
電子行政の推進等に関する調査
2011年3月
韓国国民番号制度に関する調査
2011年3月
国民ID制度等に関する調査
2011年6月~
共通番号制度のユースケースの検討
2012年10月
官民共通認証基盤検討 中間報告書
2013年12月
官民共通認証基盤検討 医療・介護分野における本人確認ユースケース 報告書
2015年8月
生活保護制度適正化検討
セミナー・フォーラム事業
2005年7月
日中韓ビジネス連携フォーラム開催
2006年1月
ケベック州電子税務申告セミナー開催
2007年6月
韓国電子政府の進展と行政情報統合の効果
2007年7月
地方税ポータルシステム eLTaxについて
2007年9月
BtoB電子契約の動向とBtoB
2007年10月
地域情報プラットフォームについて
2007年11月
年末調整調査結果の報告
2007年12月
韓国の政治過程におけるIT利活用と電子民主主義
2008年1月
新世代ネットワークに関する取組について
2008年2月
韓国の電子政府と行政情報共有システムの状況
2008年3月
Web環境の新しい動向とインターネット社会の未来について
2008年5月
韓国電子政府事情
2008年6月
社会基盤としてのID管理
2008年7月
米国電子政府 -EFAから眺める-
2008年10月
ネット時代の公共情報システムの展望
2009年4月~
大量データ分析ツールについて
2009年7月
電子帳簿保存法について
2009年10月
米国の電子政府について
2015年8月
マイナンバーの可能性を考える
こうした国際的な交流を通じ、EABuSは関連知識の蓄積を行うとともに、幅広い人的ネットワークを構築することで、より快適なIT社会実現のために努力して参ります。
メンバー紹介
 

EABuSで実施中もしくは実施計画を持つ事業は以下の通りです。 委託調査ならびに企画調査についての詳細は、各々のリンク先をご参照ください。

委託調査 クライアントのご要望に沿った調査・研究を行います。 調査結果は、PDFもしくは製本版にて納品します。


  企画調査 EABuSが独自に企画する調査・研究にご賛同いただいたクライアントのための調査です。 調査結果は、PDFもしくは製本版にて、クライアントに納品します。  
  出版・販売 (計画中) EABuSにて独自に実施した調査・研究の報告書等を販売いたします。 なお、緊急性や公益性の高い著作物につきましては、当社判断にてWeb上に公開いたします。