イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加

EABuSフォーラム2017 開催のご案内

~「2030年 デジタル社会のグランドデザイン」~

2017forum2030年―今から13年後の社会はどのような社会であるべきでしょうか?

2017年の今日の社会が抱える様々な課題や問題点を克服した社会、次の世代にツケを残さず安心して暮らせる社会を継承できる。それが理想的な社会像だと思います。

そうした社会に少しでも近づけるには、マイナンバーの活用を起点とするデジタル技術を駆使して、新たな社会像を模索していく必要があると考えます。

フォーラムを通じて、持続可能な社会を将来の世代に継承していくには、いま何が求められているのか?そのためにいま何をすべきなのか?について様々な角度から考えたいと思います。

  • 主 催  NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)

  • 共 催  津田塾大学公共政策学部 

         一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

  • 日 時  2017年12月11日(月) 17:00~20:30

  • 場 所  津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス3階302教室

         東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24  http://www.tsuda.ac.jp/about/access/

  • アジェンダ(敬称略)

    総合司会 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)主任部員 高倉万記子

    基調講演 2030年のデジタル社会に求められるもの ~人口減少社会にどう対処するか

          津田塾大学公共政策学部教授 デジタル社会のグランドデザイン検討部会座長 森田 朗

       課題提起 現行制度と日本の財政状況について

          EABuS副理事長 中井川 禎彦

       <休憩>

    パネルディスカッション 持続可能な社会に求められるもの

         (パネリスト・発言順)

     富士通総研経済研究所主席研究員 榎並 利博

     NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)理事長 仙波 大輔

     日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会 清水 裕介

     中野区グローバル戦略担当副参事 平田 裕子

     NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)副理事長 中井川 禎彦  NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)事務局長 安達 和夫(コーディネータ)

     総括講演

     津田塾大学公共政策学部教授 デジタル社会のグランドデザイン検討部会座長 森田 朗

     

  • 参加費  一般;1,000円(学生は無料)

  • お申込みはこちら ※入館の際はお名前の確認が必要となりますので、必ず事前にご登録くださ

     

    <講師・パネリスト紹介>

      森田 朗

       津田塾大学公共政策学部教授 デジタル社会のグランドデザイン検討部会座長 

       

    中井川 禎彦

        NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)副理事長 

       

    榎並 利博

       富士通総研経済研究所主席研究員 

     

    仙波 大輔

       NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)理事長 

     

     

    清水 裕介

       日本ユーザビリティ医療情報化推進協議会 

     

     

    平田 裕子

    中野区グローバル戦略担当副参事 

       

    安達 和夫

    NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)事務局長

    1974年4月 日本ユニバック株式会社(現;日本ユニシス)入社

    2001年4月 (財)日本情報処理開発協会(当時)電子商取引推進協議会(ECOM)主席研究員(電子政府ワーキンググループ)

    2005年4月 NPO法人東アジア国際ビジネス支援センター(EABuS)を設立し事務局長に就任

     著書:「未来への遺言(文芸社」「社会保障クライシス(幻冬舎)」「医療とマイナンバー(共同執筆・日本法令)」

     

    高倉万記子

    一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)主任部員