EABuSとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

EABuSはデジタルネットワークの利活用による、国際的に魅力あるビジネス環境の実現を基本理念として活動するNPO法人です

トピックス

2017年度EABuSフォーラム「2030年 デジタル社会のグランドデザイン」を行います 2030年―今から13年後の社会はどのような社会であるべきでしょうか? 2017年の今日の社会が抱える様々な課題や問題点を克服した社会、次の世代にツケを残さず安心して暮らせる社会を継承できる。それが理想的な社会像だと思います。 そうした社会に少しでも近づけるには、マイナンバーの活用を起点とするデジタル技術を駆使して、新たな社会像を模索していく必要があると考えます。 フォーラムを通じて、持続可能な社会を将来の世代に継承していくには、いま何が求められているのか?そのためにいま何をすべきなのか?について様々な角度から考えたいと思います。 
  • 日 時  2017年12月11日(月) 17:00~20:30
  •  場 所  津田塾大学千駄ヶ谷キャンパス3階305教室
  • 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24  http://www.tsuda.ac.jp/about/access/

詳しくはイベントのページへ

 
  2016年11月に行われたEABuS & JIPDECフォーラム2016 ~「IoT時代の企業活動に求められる”インターネットトラスト”とは」~ のビデオをyoutubeで公開しました。  
 『生活保護行政から見たマイナンバー制度活用に係る緊急提言』 EABuSでは、この度「生活保護行政から見たマイナンバー活用に係る緊急提言」を行いますので、お知らせします。  これまで、生活保護行政におけるマイナンバーの利活用方策等について調査研究を行っておりますが、その検討過程において見出したマイナンバー制度に共通する課題について、マイナンバー制度の3年後見直し(2018年目途)を見据え政府において早急に検討に着手されるべきと考え、提言を行います。  
 

活動

2016年2月17日
活動名